MENU

それなりの収入があればメガバンク

カードローンは消費者金融といったイメージがありますが、銀行でも個人向けに提供がされています。銀行の中でも大きな信頼性があるメガバンクにおいても個人向けのカードローンがあり、金利面や限度額でも優れた条件となっているのが特徴です。

 

銀行だから手続きに時間がかかる、面倒な申し込み手続きになると感じる方もいるかもしれませんが、カードローンに関しては寧ろ手軽です。来店不要でネットでの申し込みができ、審査回答もメガバンクの三井住友銀行を例に挙げれば最短30分回答と素早いです。

 

消費者金融並の素早さで手続きを進めながら、金利面は消費者金融よりも優れているとなれば、メガバンクのカードローンは注目を集めて当然です。ただ、その分だけ利用における審査基準は厳しくなっており、アルバイトやパートなどの安定した収入はあっても多くの所得を得ていない方では、どうしても借りられない可能性が高くなるのです。

 

上に挙げた三井住友銀行カードローンの審査内容やその他のメガバンクに限らず、銀行のカードローンは審査基準が消費者金融よりも厳しいです。その代わりにクリアできれば優れた条件で借りられるようになっているので、利用ができる見込みがあればメガバンクのカードローンは検討をしてみるべきなのです。

 

日本を代表する3大メガバンクのカードローンは何れも収入の制限などは設けておらず、あくまで安定した収入をお持ちの方を対象としているに留まります。しかし、だからと言って年収が100万円や200万円の方では利用は難しいので、金利で優れる銀行のカードローンを利用する際には、目安として年収400万円や500万円以上と考えておくと良いでしょう。