MENU

配偶者の収入で借りられる

貸金業法が改正されてからというもの、専業主婦の方が消費者金融での借り入れを行うことは難しくなってしまいました。年収の3分の1までに借り入れを制限する総量規制の影響で、自身には収入がない専業主婦の方では消費者金融で借りるのは難しいのです。

 

一応、専業主婦の方でも借りられるようにと配偶者の収入と合算して審査が行える「配偶者貸し付け」の制度は用意されていますが、実際に自身に収入を持たない専業主婦の方への融資を行っている消費者金融は多くありません。

 

大手のプロミス、アイフル、アコムなどの有名どころでは専業主婦の方は利用対象から外れてしまっており、あくまで自身に収入を持つ方の申し込み、利用としています。

 

しかし、専業主婦の方も借りられるカードローンは他にあります。消費者金融は貸金業法の影響を受けるために利用が難しいですが、消費者金融ではない銀行での借り入れであれば、専業主婦の方でも借りられる可能性があります。

 

一部の銀行カードローンでは配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方でも借りられるとしており、限度額や極度額は一定額まで制限がされる場合がありますが、配偶者への確認や同意を不要として借りられます。

 

多くの金額を借りると逆に専業主婦の方では返済が厳しくなる可能性がありますので、少額に制限されるとしても主婦用のカードローンは安心して借りられるようになっているといえるのです。